Category: 未分類

最も携帯性に優れた高性能コンピューターと表現しても差し支えのないハイスペック・大型画面のスマートフォンが近年では主流となっており、私たちはビジネスやプライベートなど日常生活のあらゆるシーンにおいてその恩恵を受けています。

携帯電話の基本的な基本の一つとして多くの人が利用しているカメラ機能ですが、当然ながらスマートフォンにも高性能のカメラ機能が備わっており、また専用のカメラアプリも多数リリースされています。SNSなどのコミュニケーションアプリが充実しているので、カメラアプリを活用して個性的な写真を撮影したり加工したりすることで友人や家族とのコミュニケーションを図るのに大いに役立つのです。

カメラアプリには様々なタイプのものがあり、例えば高速連写のできるアプリを使えば動きの速い動物などもキレイに撮影することができますし、魚眼レンズ機能を使えば個性的な写真の撮影ができます。
また撮影した後の写真も手軽に加工することができ、レトロ風の写真にしたいならばセピア加工ができますし、トイらカメラで撮影したような味のある写真のようにすることもできますし、フチやフレームをつけたり文字を書き込んだりすることもできるのです。

さらに撮影・加工した写真をパソコンを通さずにwifi接続によってプリンターに直接接続して、ダイレクトにプロ員とアウトが出来るプリンターも最近では数多く販売されています。
デジタルデータのやり取りももちろんですが、手軽にアナログ化できる点も魅力の一つとなっています。

最近、興味深い事実を知りました。

「脳は主語が理解できない」のだそうです。
だから、他人に向けられた言葉でも、自分に向けられた言葉でも関係なく、脳は自分に向けられた言葉として理解してしまうというのです。

確かに、他人の悪口を聞いていると嫌な気分になります。他人が叱られたり責められたりしていると、何故か自分が悪いことをしたような、申し訳ない気持ちになることもあります。逆に、他人が褒められていると、自分が褒められたような気分になり嬉しくなります。
自分に対する言葉ではないのに、何故こんな気持ちになるのか不思議に思ったことがありますが、脳が主語を理解できないためにこのように感じてしまうということを知り、なるほどと思いました。

時々、ネットで見るに耐えない非常に酷い誹謗中傷を見かけることがあります。匿名性もあり、つい好き放題書いてしまうのでしょう。書いた本人に自覚がなくても、これは自分自身を誹謗中傷しているのと同じということです。さらに、その書き込みを見た不特定多数の人も、自分が誹謗中傷されたような嫌な気持ちになってしまうということです。
なんともおそろしいことです。こういった誹謗中傷の多いサイトはできるだけ見ない、書き込まないようにした方が身のためですね。

やはり、悪口はよくないものだと改めて思いました。
悪口よりも、ほめ言葉やポジティブな言葉を、自分のためにも他人のためにも積極的に使いたいものです。

先日、友人2人と西荻窪の善福寺公園でお花見をしました。
駅で待ち合わせをして、駅で販売されているお惣菜やお弁当を購入して、
公園へ向かうことにしました。
お弁当もお花見仕様になっていて、とっても美味しそうでした。
桜餅や栗おこわ、塩麹唐揚げなど沢山買いすぎてしまいました。

公園へ向かうのですが、3人とも初めて行くため道が分からず、
アプリのナビを利用してなんとか歩いていました。
マップでは近く見えたのですが、15分以上歩いたような気がします。
到着が分からないと遠く感じますよね。

途中、猫がいたり、お洒落なカフェがあったりして歩いていても
とても楽しかったです。

公園に着くと、もうすでに沢山の方がシートを敷いてご飯を食べたり、
寝転がったりされていました。
とはいっても、去年お花見をした新宿御苑などよりも人は少なく、
ファミリー層が多くて、ゆったりとした雰囲気がありました。

私たちも桜の下を探してシートを敷いてご飯を広げました。
お昼12時になったこともあり、花よりご飯で、食欲が勝ってしまいました。
普段屋外でご飯を食べることが無いので、それだけで倍以上美味しく感じました。
お腹も満足したところで、花を見る余裕もできて写真を撮ったりして楽しみました。

2時間くらいして公園を後にして、帰り道にあるカフェに入り、温かいコーヒーを飲みました。
お花見って実は肌寒い時期なんですよね。
コーヒーを飲みながらカフェにあったノートに絵を描いて爆笑して帰りました。
帰り道はとっても早かったです。笑

初夏はもっと気持ち良さそうですので、また行こうと思っています。

今日ですが、私の友達のU君が経営するラーメンのお店がオープンしたのでお祝いを兼ねてラーメンを家族で食べに行きました。
U君は高校からの同級生でした。

彼は高校卒業後は料理の専門学校に行きました。私は県外に進学しましたが帰ってきたときは飲んだり良く遊んだりしてました。

彼の実家はもともと洋食店でそのまま後を継ぐ予定でした。ですが、彼が卒業する時にお店は赤字の為閉店。

U君は県外の洋食店で働きました。ですが、そこも数年で閉店。その後各地で居酒屋や他の和食店に勤めましたが運が悪いことに閉店や体調を悪くしてしまいました。

私の結婚式にU君は来てくれたけど、その時の彼の風貌は髪は薄くなり痩せこけていました。その後鬱っぽくなったりして実家にこもってました。

しかし、福岡に一人旅に出たらそこで食べたとんこつラーメンに感銘を受け、弟子入りし修行し1年前に戻ってきました。

それから開業資金をアルバイト等で貯めたりし、腕も磨き今日オープンを迎えました。お店に早く行きましたがそこそこ人も入ってました。

U君が厨房にいて軽く話しとんこつラーメンを注文し食べました。とんこつ系はあまり食べたことがなかったけどとても美味しかったです。

私の地元は醤油やみそ系のラーメンばかりで、とんこつというジャンルはほとんどありませんでした。地元でも彼のお店で2店目です。

U君も「地元の人達にとんこつの美味しさを広められるように頑張る。退かないよ。俺は。」と笑顔と明るさで満ち溢れていました。

お手伝いをしていたスタッフの中にKさんという女性がいました。どうやらU君とお付き合いしている人みたいです。

彼の幸せと今後のお店の繁盛を願ってできるだけ協力してやりたいと思いました。休みで余裕のある時はまた家族で食べに行きたいと思っています。

今日は一日バイトでした。私は和食のファミリーレストランでホールもキッチンも両方できる学生で唯一の存在です。自分でも仕事ぶりは胸をはって自慢できます。

それなのに、今日のアイドルタイム(15時~17時)でとんでもないミスをしました。
いつも通りしゃぶしゃぶのスタンバイや様々な補充などを行っていました。この時間帯は従業員は一人だけなのですが正直いつもなので慣れていました。

そして、しゃぶしゃぶ用のゴマダレやポン酢を容器に入れスタンバイをして、冷蔵庫に入れようとしたときお客様がご来店され棚に容器が引っ掛かりスタンバイしたしゃぶダレが全部ひっくり返ってしまいました。

よくあることなので動揺したわけでもなく、ただ単に私が仕事に緊張感を持つことを忘れたことにより起きたミスです。
自分は全身ゴマダレとポン酢をかぶりお客様をご案内できるような状態ではありませんでした。それを見かねて店長がご案内してくれたのですが、お客様をお待たせしてしまいました。

それにほとんど使い物にならないレベルにこぼれたり混ざってしまったり床に落ちてしまったりで無駄にしてしまいました。
冷蔵庫内もしゃぶだれだらけで脂分を含んでいるので洗剤を使って全体をふかなくてはいけない状態にしてしまいました。

床も地獄絵図かのようでした。床ももちろん洗剤を使ってモップ掛けを、棚の下のほうにあったアルコール用のグラスやおちょこもすべて洗い直しです。

私も着替えを持ってきていなかったので新しい制服をいただいて早めの休憩に入りました。
店長は何ごともなかったかのように接してくれましたが、私の中ではとてもメンタルにきていました。

今日は自分の仕事に対する態度を考えさせられました。緊張感を常に持たないと、と思わされました。
この必然的なミスがお客様に直接ご迷惑をおかけするようなミスではなくてまだよかったです。

6か月の娘を抱え、育休中の会社員です。

「女性の活躍」が叫ばれる昨今ですが、実際に妊娠・出産・保活を経験してみると、まだまだ厳しいなぁと思わずにはいられません。

勤めは都内、住まいは隣県郊外。夫婦どちらも実家は遠く、完全な核家族世帯です。割と新しく分譲された地域に住んでいますが、市レベルで見ると昔からお住まいの「地元民」が多く、近隣の若いご夫婦で小さいお子さんをお持ちの方も、目と鼻の先にご実家がある方がほとんどです。

子持ち女性のほとんどが地元から出たことのない専業主婦、または親御さんに預けてパート勤務といった状態です。出産時は里帰りもせず里も来ず、子を保育園に預けて復職予定、といった我が家の事情を話せば「かわいそう」と言った目で見られます。需要がないせいか市に3つしかない認可保育所は都内ほどではないにせよ入所困難…6か月以上でないと預けられず、10月生まれの我が子は0歳での4月入所ができないため、認可外での年度途中入所を検討していますが、そもそも認可外も数がないため難航中です。そんなご当地事情ももちろんですが、やはり夫の協力を仰ぎにくいところが厳しいです。

本人に協力の意志がないわけではありませんが、やはり男性が子の看病で突然休みをとったり、送迎のために勤務時間を調整したりといったことは難しいのが実情です。

女性云々よりも、男女ともに働きやすい環境を整えることが少子化対策になるということが、専業主婦の支えのもとにがむしゃらに仕事をしてきた世代のえらい人たちにはわからないのかもしれません。

テレビでこの前、「お灸女子」という特集をやっているのを見ました。
お灸っていうと、おばあちゃんが昔使っていたイメージ…。

でも、お灸のサロンなども都内にはできたりしているそうなんです。
私も試しにやってみようかな、と思い。

ついに!この前購入してきちゃいました!
普通のお灸はたくさん入って1000円ちょっと、という感じでしたが、私が購入したものは香りつきのもので、5個入って300円というものです。

中にどういう場所に行えばどう効果があるのかという説明書もついていました。
実際に足の裏にお灸をしてみました!

土踏まずの真ん中あたり。
疲れが溜まっているときにそこにお灸をすると頭がすっきりするそうです。
お灸って、その場所が悪いと熱くないらしいです。

実際に使ってみてそれはすごくわかりました!
手で持つと熱いのに、足に使っていても全然熱くないことが不思議!
この場所が弱っているのか…となんとなく実感しちゃいました。

お灸をすえるとなんだか体もポカポカ。

眠くなってきちゃいました。
お灸の効果か、頭もすっきりして少し疲れが取れたような感じがありました。
香りつきって書いてあるけど、あんまりわからなかった気がします。

そして、家族にはなんだか焦げ臭いと言われてしまったので、即効で換気扇回しました。
もうちょっと香りがしなければいいのになーと感じましたが、使ってみると意外と効果があったので、また試したいですね。

よし、私も今日からお灸女子。

この間彼氏と弾丸で大阪旅行へ行ってきました!
新幹線でビューーンと行っても良かったのですが、ドライブが好きな私たちは車で東京?大阪の旅行をしました?

仕事後、彼氏が家まで迎えに来てくれて出発!!

なんといっても夜中のサービスエリアはなんか好きです。旅行って感じがしますよね!5個ぐらい気になったサービスエリアに行っては何か買ってと、着くまでにお腹一杯に。笑

スケジュールは1日目はUSJ、2日目はJリーグ、セレッソ大阪の練習を見に行くという予定でしたが、気分が変わりUSJは辞め、1日目にセレッソ大阪の練習を見る、2日目はとりあえずどこか観光しよう、という事になりました。

この選択が後に正解だったんです!!

急遽行き先変更してセレッソの練習場へ!かなり早く着いたから車の中で準備したり、近くのコンビニウロウロしてサインしてもらうものを探しました。ただ、あまり良さそうのがなく、、。前々から行くことは決まってたからもっとちゃんと準備しておけば良かったなと、彼氏と話してました。彼氏はTシャツ、私はノートにもらう事にしました。

いざ練習場へ向かうとセレ女と呼ばれる女子たちがたくさん?みんな写真撮ったり練習見たり楽しんでおられました!!
練習内容はイマイチわからないけど、真剣に、でも楽しそうな雰囲気でした!生のフォルランが見られて感動?
ファンサービスでは全員のサイン、貰えました(^-^)

その後はホテルへ向かいつつ大阪観光!大阪城も行きました?近くの神社へ行って出世を願ったり、、? 仮眠して夜は難波と心斎橋を飲み歩き!お好み焼きがすっごーーく美味しかったです!
彼氏もハマってすっごい食べてました。笑

そして、次の日は、、なんと大雨!!!
もし2日目にセレッソの練習場へ行っていたら、、雨で練習は中止??もしくは、練習があってもファンサービスはなかったと思います。彼氏と「運いいね」とか「判断正解だね」て、話してました!

雨なので、雨でも楽しめる場所、、、という事で帰りを目指しながら奈良公園へ。
鹿ちゃんが可愛かったーー?
奈良公園近くの釜飯もすっごく美味しくて幸せでした!

夕方ぐらいには本格的に帰りを目指し、自宅へ着いたのが夜0時過ぎ!!彼氏、運転お疲れ様でした(>_<)行きは私も運転したんですが、帰りは疲労がたまり、、申し訳なかったです。 でも文句も言わず運転してくれた彼氏はとっても心の広いいい男!と感じました? そんな彼氏のいいところもいっぱい発見した大阪旅行はとっても楽しかったです!

近頃は自転車事故などの賠償責任や長距離バスの事故など、トラブルにより多額のお金が必要になる心配がたくさんあります。
やはり子どもにも万が一を考え保険には加入しておいた方がよさそうです。

しかし、基本的に健康体の子どもが、病気で長期入院する可能性は非常に少ないと思います。
そのあたりは健康状態を確認しながら保険も選んだ方がいいでしょうね。

うちは、とにかく賠償責任で多額の慰謝料を請求されることだけが怖いので、そこに重点を置いた損害保険を探しました。
すると、学生限定の団体総合保険を発見。

損害賠償はもちろん、事故の際の死亡保障、入院・通院保障、また学校生活で熱中症が出た時の保障なんかもでるというものです。
掛け捨てで、3年間の保険料トータル15,000円です。
学生はいいですね。やはりいろいろ優遇されています。

とりあえず、この掛け捨ての団体保険に加入しておきました。
事故に合わないのが一番ですが、巻き添えを食ったり悪意のある当たり屋に遭遇したとき、何の備えもないのは怖いですからね。

団体保険でなくても、最近ではネットで簡単に申し込める損保にも安いものがいろいろあります。
子どものうちはこういう安い保険でいいと思います。

なにかしらの備えをしておくと、いざというとき安心ですからね。

今日は朝は曇っており、午前中から雨がシトシトと降り始めました。
こんな日は、一日家に閉じこもることもあるのですが、ちょっと雨を楽しみたくて、傘を差してお出かけをしました。外は意外と暖かく、以前の寒の戻りのようなことはありませんでした。

最近、マクドナルドの景気が良くなくて、閉店する店も出ると言う噂も聞いています。いつもの常連客になっていたのでしょうか、マクドナルドに到着すると店員さんが顔見知りという感じで笑顔で出迎えてくれます。アイスコーヒーにハンバーガー。定番のお昼を食べて、そからコーヒーを飲みながら読書をしました。

今日は在宅の仕事の納品が終わり一段落。ゆっくりとリラックスして、読書を楽しみました。1時間はアッという間に過ぎ去り、お店を後にして少し郵便局に出かけました。別居している娘に誕生日のプレゼントを郵送するためです。受け取った娘の笑顔を想像すると本当に嬉しくなります。

そして、それからゆっくりと歩いて、雨の中を帰宅しました。家に帰るとご飯を炊いて、食器を洗って、家のことをします。これもとても簡単な気晴らしで、私の気分転換にもなっています。しばらくすると子供が帰宅して、アニメのDVDを借りてきて欲しいということでした。

桜の花も終わり、暖かな空気の中、街並みは春一色です。時間の都合のつく在宅の仕事をしている自分はある意味、恵まれているのかもしれません。